タクシー転職の道、【失敗しない】で転職を成功させる方法

ハイヤーとタクシーとの違いとは?

タクシー 転職,タクシー、ハイヤー、

 

ここでは、ハイヤーとタクシーとの比較と、具体的にどの様なシーンで利用されるのかについて解説していきます。
 

 

ハイヤーとは?

 

 

ハイヤーは、たくさんある交通機関の中でも、非常に高い付加価値を持ったプライベート輸送機関になります。例えば、会社役員の移動手段、官公庁への訪問、海外VIPへの送迎に使用されるなど、エグゼクティブクラスの方々を中心に利用されています。
いわゆるただの移動手段といった枠を外れ、乗車している空間や時間など、提供しているサービス自体に高い付加価値があり、交通機関の中でも、かなり敷居の高いものになります。
 

タクシーとハイヤーの違いとは?

ハイヤーはタクシーと違って、完全予約制になり、格式が重んじられるケースで良く利用されます。一部の企業や官公庁など、事前に配車情報(車番・ドライバー氏名)を提供出来るハイヤーでないと、入れないケースもあります。
それに対して、タクシーは街中で手を挙げることで乗車の意思を示せば、誰でも乗車することが可能です。
また、ハイヤー(Hire)は雇用といった意味があるように、利用する客は、その時間内において「車とドライバー」を雇うことになり、時間を貸切るので、その分割高になります。基本的に、車庫を出てから、車庫に戻るまでの料金を支払うことになります。

 

下記にハイヤーとタクシーとの利用されるシーンの違いを、表にしてまとめてみました。

ハイヤーの利用シーン

タクシーの利用シーン

会社役員の社用車

個人的な利用

海外VIPなどの送迎

深夜残業時などの移動手段

法事・お通夜などの移動手段

旅行時などの移動手段

記念日・パーティーなどの送迎

顧客などの送迎手段

関連ページ

以下のページも読んで頂くと、タクシー業界のことをもっと詳しく知ることが出来ます。

禁煙タクシー

 

観光タクシー

 

陣痛タクシー


HOME 不安や疑問『Q&A』 給与形態 勤務形態