タクシー運転手として、デビューするまでの道のり

タクシー運転手になるには

タクシー運転手になるには,タクシー,タクシー運転手

 

ここでは、タクシー運転手になるまでの道のりについて、詳しく説明していきます。
 

 

タクシー運転手としてデビューするまでの道のり

タクシー運転手になるために必要となるものは、
自動車の普通免許(取得後3年以上)のみになります。
 
実際にお客さんを乗せて業務を行うには、「第2種免許」の取得が必要になります。
 
但し、多くのタクシー会社では、採用後に第2種免許の取得を会社負担で行ってくれますので、心配する必要はありません。
タクシー運転手としてデビューするまでの道のりは、以下のようになります。
 
タクシー運転手になるまでの道のり

【ステップ1】
  面接を受ける。

タクシー会社を見つけて、電話やメールにて面接のアポイントをとります。
 
その後、面接を受けます。

【ステップ2】

  第2種免許を取得する。

 

面接に合格して採用されたら、第2種免許の取得を行います。

 

東京特定指定地域(東京23区・武蔵野市・三鷹市)でタクシー運転手になるには、 財団法人 東京タクシーセンターで事務を代行し、実施している地理試験に合格する必要があります

【ステップ3】

  新人研修を受ける。

 

各タクシー会社が独自で新人研修を行っています。
 
この新人研修の時に、先輩から疑問や不安に思うことを伝えて、指導を仰いで下さい。
 
これ以後は、一人で業務を行うので、しっかり学ぶ必要があります。

【ステップ4】

  タクシー運転手としてデビューする。

 

研修が終了したら、タクシー運転手としてデビューします。
 
最初は慣れないことも多いと思いますが、徐々に慣れていきますので、安心して下さい。
 
タクシー会社によっては、最初の給料を保証してくれるところもありますので、安心して業務に専念することが出来ます。

 

以上が、タクシー運転手としてデビューするまでの、おおまかな流れになります。

関連ページ

以下のページも読んで頂くと、タクシー業界のことをもっと詳しく知ることが出来ます。

 

タクシー運転手の給与形態

 

タクシー運転手の勤務形態

 

タクシー運転手の年収

 

どんな人が稼ぐことが出来るのか?


HOME 不安や疑問『Q&A』 給与形態 勤務形態