女性のタクシードライバーが活躍するタクシー会社

女性のタクシードライバーが活躍するタクシー会社

女性タクシードライバー,女性タクシー運転手

 

ここでは、女性のタクシードライバーが活躍するタクシー会社をご紹介致します。
 

 

女性のタクシードライバーが活躍するタクシー会社

昔と比較すると、最近は、女性のタクシードライバーが活躍する場所が増えています。
例えば、タクシー会社の大手である日の丸交通の「なでしこタクシー」サービス。

 

なでしこタクシー」とは女性会員向けのサービスで、夜間の利用や通院など、またお子様との移動時に利用するなど、女性にとってタクシーの利用を、身近にさせてくれる嬉しいサービスになります。

 

迎えにきてくれる場合には、タクシーが到着した旨を電話で連絡するサービスや、送る場合には、利用者の方が家に入るまで見送ってくれるなど、手厚い安心なサービスとなっています。

 

それ以外には、国際自動車が提供する「Re:laxi(リラクシー)」があります。
Re:laxi(リラクシー)」は、女性ドライバーである「ホスピタリティ・アテンダント」が
お客様の通院や買い物の同行サービスなどを行ってくれます。

 

このサービスでスゴイと感じたのが、「お子様のみ」の乗車でも、送迎をしてくれる所です。
男性の乗務員だと、小さいお子さんだと怖がって利用しにくい場合でも、乗務員が女性の場合は、比較的心のハードルが下がる分、利用し易いと思います。

 

《「Re:laxi(リラクシー)」の説明動画をご紹介します》
国際自動車㈱さんの紹介ページでも、「Re:laxi(リラクシー)」の紹介をしていますが、とても良い内容なので、こちらのページでも動画を下記に紹介しますので、ご覧になって下さい。内容は非常に良くまとまっていて、面白く仕上げてあります。(youtubeの動画になります。)

 

 

他には、日本交通㈱さんでも「キッズタクシー」の名称で、お子さんの送迎サービスを展開していますが、女性乗務員に限っている訳ではないようなので、そこは国際自動車さんも日本交通さんと差別化を図っているのだと思います。

 

女性ドライバーの活躍する場が、広がってきています。

このような感じで、日本交通㈱さんの「なでしこタクシー」や国際自動車㈱さん「Re:laxi(リラクシー)」など、女性が活躍する場がどんどん広がってきており、また注目も集まってきています。

 

国の政策としても、タクシー業界の人手不足を解消するために、女性のタクシードライバーを増やしたいといった意向もあるようです。

 

2013年での全国の女性ドライバーの数はわずか6700人位でしたが、東京オリンピックが開催される2020年には、約2倍の14,000人にまで増やしていこうという目標を掲げています。

 

同じ運送業でも、宅配便などの女性のセールスドライバーもどんどん増えているので、女性のタクシードライバーも、これからどんどん増えていく傾向にあると言えます。

自分にあったタクシー会社を見つける。

女性ドライバー活躍しているタクシー会社として、「日本交通㈱」や「国際自動車㈱」がありますが、本当に自分にあっているのかどうかについては、タクシー専門のプロのキャリアカウンセラー(タクQ)に相談することをお勧めします。

 

 

 

プロならでは視点で、自分に合うかどうかをしっかりとアドバイスしてくれます。
日本交通㈱や国際自動車㈱の評判や口コミなど、生の情報を手に入れることが出来ますし、無料で相談をすることが出来ますので、かなりお得です。

 

タクQを利用するメリット

入社前に様々な情報を得ることが出来れば、転職・就職におけるミスマッチを最小限にすること出来ます。

 

以下から、タクQのホームページを確認することが出来ます。

 

 

 

 

 

 


HOME 不安や疑問『Q&A』 給与形態 勤務形態